しらべる食べもの>生チョコ

生チョコ


神奈川県平塚市にあるスイス菓子の店「シルスマリア」小林正和シェフが創ったチョコレート

生チョコの歴史

1988年
シルスマリアの小林正和シェフが生チョコを開発。
生クリーム入りのこのチョコを初めてシルスマリアで販売した際「生チョコ」と命名した。
1989年
シルスマリア店舗拡張に際して、生チョコが「公園通りの石畳」と命名される。
1993年
シルスマリアの小林正和シェフが監修・制作した「メルティキッス」が冬季限定で発売される。この商品が生チョコを世間に広める役割を果たした。
1993年〜1996年
大手メーカーが生チョコへ参入、全国に本格的な生チョコブームが始まる。「公園通りの石畳」の大ヒットを受けて「○○の石畳」「○○通りの石畳」という生チョコが、全国のパテスリーなどから多数発売されていく。
1999年−2000年
この冬シーズン、初めて製菓各社の生チョコ製品がコンビニに勢揃いする。
2005年
シルスマリアでは「生チョコ」を発売当初と同じ味、同じ値段で販売している。
10月現在、全国で200種類前後の生チョコが販売されている。
関連記事
メルティキッス
シルスマリア


○○の石畳 商品20例
公園通りの 石畳 元祖シルスマリヤ
とちぎ蔵の町の 石畳  
ショコラの 石畳 菓子メーカーカバヤ
ブルージュの 石畳  
箱根の 石畳  
銀座の 石畳  
海岸通りの 石畳  
美術館の 石畳 名古屋ヒマラヤ美術館
博多の 石畳  
東京の 石畳  
愛の 石畳  
上永谷の 石畳  
モトマチの 石畳  
蔵の 石畳  
パリの 石畳  
根方街道 石畳  
ひとくち 石畳  
翠ケ丘の 石畳  
大三坂の 石畳  
西尾城の 石畳  

Copyright しらべる 
Copyright しらべる 初出2001年1月 最終更新 2011/10/18