しらべるしらべるのレシピ一覧

お店カレーの作り方 カレーのレシピ


カレー作り研究の記録
以下の具材から組み合わせて作る


サイコロ状の牛肉 売っていなければステーキ肉を切る。
鶏ミンチ
ソーセージ

下味のつけ方
カレー粉とペッパーをまぶしてビニルパックにいれて冷蔵庫で保管。30分程度でもよい。
×裸のままボールに入れて冷蔵庫に入れる。
×カレー粉をまばらにつける。

野菜

タマネギ 粗くみじん切りにして、弱火で炒める。
ちょっと多いかな?と思う程度が適量。
じゃがいも
にんじん
赤ピーマン パプリカでもよい。
茄子

スパイス

市販のカレールウを2種使い、5:5の比率で混ぜる。
オリエンタルマースカレーは目が細かい粉末なので、肉の下味つけにも使えて便利。
コリアンダー
ターメリック〜ウコンの粉末〜
クミン
ガラムマサラ 辛くしたい時に入れる。

出汁

りんごジュース
りんごジュースのみで作ると、お店カレーの味になる。
赤ワイン
チキンストック (鶏がらのスープ)
鶏がらつゆという品名で液体で売られているもの、固形の鶏がらの素、どれでもよい。
野菜の味が引き立つ。入れすぎると塩辛い。

味付け

マンゴーチャツネ
10人前用が売られている。
入れないとまろやかさに欠ける。
チューブで売っているおろし生ショウガ
10cm程度

隠し味

バター
はちみつ
レモン汁
砂糖
濃いめに淹れた珈琲
チューブで売っているおろし生にんにく
2cm程度。慎重に、味を見ながら少しずつ入れていく。

仕上げ

粉末シナモン
香りが良くなる
ガラムマサラ
トマトピューレ <酸味>
大さじ一杯分にラミネートパックされている濃縮トマトペーストが便利。仕上げで味を確認しながら入れる。
ヨーグルト <酸味>
ココナッツミルク または 生クリーム(液状)
ご飯にカレーをかけた、その上から垂らす。

付け添え

ゆで卵
カレーが辛い時はマヨネーズであえる。上から塩胡椒を振る。
福神漬け

飲物

のむヨーグルト
辛さに弱い人は、ヨーグルトがあると気分よく食べられる。

残ったカレーの使い方

焼きカレー
グラタン皿にご飯を敷きカレーをかける。
生卵、チーズで蓋をして、オーブンで焼く。
ドライカレー
ドライフルーツを入れてご飯と炒める。

冷ますと具材がルウの味を吸う。一日おいたカレーが美味しいという風説はこのため。

カレーの作り方の流れ

1.肉にカレー粉で下味を付ける。
2.タマネギのみじん切りを炒める。
3.バターを少量敷いて、肉を炒める。
4.ワインを入れる。
5.野菜を炒める。
6.出汁を入れる。ここで、かなり水っぽくなるが慌てないでよい。
7.煮立ったら、一旦火を止めてルウを入れる。これで、とろみがつく。
8.味付け、隠し味をくわえる。
9.とろ火で 1時間30分ほど煮込む。かさが減るので、出汁をつぎ足す。


*分量の記述は 10人前を目安にしている。

 関連記事

カレー
カレーの歴史
カツカレー

笑顔になる弁当のアイデア集
めんたい玉子サラダ
オムライス

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2009年8月