シルスマリア

最終更新 2014/4/25
Silsmaria 生チョコを開発したスイス菓子店

所在地:神奈川県平塚市(湘南)JR平塚駅の近く。

1988年、小林正和シェフが生チョコをつくった。現在も開発当初と同じ製法で製造販売している。
お店の奥(別棟)に「カフェベッカライ」があり、店頭に並ぶケーキやチョコもそこで食べることができる。食事メニューもある。ここまで接客態度の良いカフェは珍しい。
土日限定で大型パイ(シュークリーム)が販売される(525円)
「ベルク」(1050円 生パイ)は20年以上もロングヒットを続けているシルスマリアの初期の代表作。店頭ショウケースで販売されていて、カフェベッカライで食べることもできる。
〜2006年3月記〜

2008年4月16日、初めて東京に出店。それ以前、首都圏ではバレンタインシーズンにデパートに臨時出店していたが、常設店はなかった。
JR蒲田駅西口に「グランデュオ蒲田店」 売り場規模は本店の半分ほど。4月当初は大型パイ(シュークリーム)を販売していたが、8月現在は販売していない。
〜2008年8月記〜

2014年4月、グランデュオ蒲田店は閉店していた。公式ウェブサイトによると店舗数を絞り、本店を含めて3店舗となっている。
〜2014年4月記〜
生チョコ
メルティキッス


初出2006年3月Copyrightしらべる 今日の更新