ど素人!カレー講座

千葉さんのカツカレー


カツカレー巨人の千葉茂が銀座の「スイス」でねだって実現した

経緯
巨人の現役選手だった千葉茂が銀座の「グリルスイス」をよく訪れていた。
グリルスイスはとんかつの元祖である「煉瓦亭」の3軒隣りに店を構えている洋食店。
1948年のある日、千葉は「とんかつとカレーを別々に頼むのは面倒だ」と言って、店主にカレーにとんかつを乗せるように求めた。それが、カツカレーの始まり。
現役時代の千葉のニックネームは「猛牛」 後に近鉄の監督になった時、近鉄は千葉のニックネームにちなんで球団愛称をバッファローズに改名した。

グリルスイス 現在のカツカレー
千葉さんのカツカレー
カツカレー(上)のことをこう呼ぶ。


カツカレー
カツカレー(並)のことをこう呼ぶ。



2010年11月撮影
東京都中央区銀座3-5-16

日本なのに、なぜ「スイス」?
創業店主にとって憧れの地だった「スイス」が店名になった。

銀ブラ

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2010年12月 最終更新 2012/7/1