米沢1泊2日の旅

米沢牛講座

最終更新 2014/7/20
200を超えるブランド牛のなかで最高峰に位置する牛肉

米沢牛の定義(概要)
【1】産地
米沢市、南陽市、高畠町、川西町、白鷹町、小国町
これらを合わせて置賜(おきたま)と呼ぶ。
【2】牛種
黒毛和牛で、性交・出産未経験雌牛
【3】枝肉の格付け
米沢枝肉市場、東京食肉卸売市場にかけられたもの
【4】飼育期間
生後32ヶ月以上
【5】東日本大震災後、追加された条件
放射性物質が不検出

米沢牛の歴史

1681年
上杉綱憲が肥育を奨励。米沢藩に肥育農家が根付くきっかけとなった。
1766年
米沢藩主となった上杉鷹山も肥育を奨励し、米沢に肥育を根付かせた。
1875年
米沢に赴任していた英国人英語教師チャールズ・ヘンリー・ダラスが米沢牛のおいしさを横浜で広める。
ここから、米沢牛の歴史が始まった。
1894年
登起波牛肉店開店
1992年
米沢牛銘柄推進協議会設立
2007年10月6日
松が岬第二公園にダラスの顕彰碑が落成
2011年7月
東日本大震災後、全頭検査、放射性物質非検出を認定基準に加えた。
2012年8月
登起波五代目店主尾崎仁が「米沢牛物語」を記す。
2014年12月
去勢牛が米沢牛の定義から外れ、性交・出産未経験雌牛だけとなる。
地理的表示(GI)登録されている

A5とは?牛肉の等級米沢1泊2日の旅
すき焼きの作り方

*参考文献「米沢牛物語」尾崎仁 エル書房 2012年

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2014年7月