モノ ハード

一眼レフデジタルカメラ

最終更新 2008/11/23   ど素人!一眼レフ講座
メモリーに記録する一眼レフカメラ。
ほとんどの機種が銀塩フィルム一眼レフカメラのレンズ等の用品を共用できる

【一眼レフデジタルカメラの歴史】

1995年
コダック、ニコン、フジ、キャノンともに100万円を超えていた。
1995年末
ミノルタから100万円を切り68万円のRD175が発売される。
1999年
ニコンD1発売。266万画素65万円。
2003年
9月、キャノンが630万画素の EOS Kiss Digital を発売。一気に市場を拡大した。
2006年
12月ニコンD40発売
銀塩カメラではど素人は失敗フィルムの山を築かねばならなかったが、デジカメでは撮影現場で撮り直せる。今後、本格的カメラのファンが増えるだろう。
〜2004年8月記〜

一眼レフカメラとは?→ど素人!一眼レフ講座

ニコンD40
ニコンD60
デジカメの歴史
ミラーレス機

ジャパネットたかた デジタルカメラ・ビデオカメラ

初出2004年7月  Copyrightしらべる 今日の更新