しらべるど素人!一眼レフ講座

デジカメの画素数の歴史

最終更新 2010/7/19
デジカメ画素数の歴史

1995年
25万画素
世界初の市販デジカメカシオQV−10
1999年3月
200万画素
3月、富士フイルムFinePix2700 230万画素で94,800円
10月、FinePix4700zが432万画素を謳って発売されたが、これは「スーパーCCDハニカム」という独自のCCDを基準にした表記。通常CCD換算では345万、実際は240万画素程度とわかり、ひんしゅくを買った。
2000年2月
300万画素
カシオQV-3000EX 324万画素 88,000円
2001年6月
400万画素
2001年9月
500万画素
ソニーサイバーショットDSC-F707
2002年6月
600万画素
NIKON D100
2003年11月
800万画素
ソニーサイバーショットDSC-F828
2004年9月
700万画素 700万画素製品のほうが後に出ている
2005年11月
1000万画素 ソニーサイバーショットDSC-R1
2007年6月
1200万画素 ソニーサイバーショットDSC-W200
2009年12月
1600万画素 Canon EOS1DMK4
2010年6月
1400万画素 ソニーサイバーショットDSC-H55、ソニーアルファNEX5B LKI

【 デジカメの画素数の歴史の関連記事 】

デジカメを選ぶポイント
●●の歴史



禁転載
毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現  Copyright しらべる 初出2008年12月