DVD−RW

最終更新 2002/5/6
パイオニア、シャープが提唱するDVD録画の規格。DVD−RWの録画機では、DVDソフト(DVD−VIDEO)を再生することができる。片面4.7GB。DVD−RWディスクで1時間〜6時間録画、書き換え可能。書き換え回数は1,000回。
1999年11月
DVDレコーダー第1号機、パイオニア「DVR−1000」(実売価格17万円)発売。
2000年4月
シャープ「DV−RW10」発売。(パイオニアと同一機能)
2000年5月
ソニーがこの規格に参加することを表明。以降、対抗する規格DVD−RAMとの互換性を持たせる折衝が始まる
2002年夏頃
「DVDフォーラム」が策定した、DVD−RAMとDVD−RWを統合したマルチドライブが発売される見込み。当面は「待ち」。
DVD+RW

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新