しらべる

ガラガラ


旅行や出張で使うキャリーケース。
車輪がガラガラと音を立てるので、通称でこう呼ばれる

手で抱えるのと比べてずいぶん楽
安普請な製品は、滑車が壊れやすい。

駅などの雑踏では、後続の人がつっかかりやすい。
後ろに目がない持ち主(ガラガラー※)は、それに気づいていないので、後続の人が配慮しなければならない。
鉄道各社は持ち主に配慮するよう、注意を喚起している。

場所をとるので機内に持ち込むと邪魔だが、1つにまとまるので大抵の人が持ち込む。手荷物検査台には大きさの目安となる仕切り板がある。それを超える大きさでも係員みずから板を跳ね上げて通している。
荷台が狭いクルマでは、足下に置かなければならない。

※ガラガラー(ガラガラを引く人)は1997年頃、登場した。
一泊程度の出張でガラガラを引いてくる社員が登場した時、周囲は「遊びと勘違いしていないか?」とつっこんだ。
2000年代に入ると、一般に普及が進み、子供に使わせる親が増えた。カバン各社はこぞって廉価で軽い製品を発売した。

その他のガラガラ
乳幼児の玩具
福引きの抽選器
がらがらぽん
ポケモン No.105
ポケモンの歴史

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現  Copyright しらべる 初出2013年7月