文具

ほぼ日手帳


【ほぼにち てちょう】  スケジュール管理ではなく、あふれ出る発想を書き留めることに重心を置いた手帳

トピックス
(株)ほぼ日は2017年3月、東証JQSに上場。公募価格2,350円 3月17日の初日終値5,020円

特徴
バタフライストッパーというペンポケットが、手帳が開かないストッパーを兼ねており合理的。
1日につき1ページを割く。見開き2日
中央にリングがないので、右ページも書きやすい。
コーネルメソッドを応用している。

ほぼ日手帳で、できないこと
週単位で書けるページはない。
*2011年に「ほぼ日手帳WEEKS」が発売されたが、これは別もの。
リング式システム手帳ではないので、ページの抜き挿しはできない。
複数年を1つのカバーに入れて、持ち歩くことはできない。

販売について
ほぼ日刊イトイ新聞がウェブサイト「ほぼ日ストア」で販売
ほぼ日ストアで、カバーと本体のセット、手帳単品を買うと、3色ボールペン他のおまけが付く。
ほぼ日ストアのウェブサイトでは販売時期以外の時でも、全国の「ロフト」で買うことができる。店頭販売は「ロフト」だけ。
2010年に販売した「WEEKS」はAmazon などの一般ルートでも販売している。

使ってみて・・
ペンがいつも付いているので「書くものがない!」ということがない。
買う前には、週単位で書けるページが欲しいと思っていたが、無いことにすぐ慣れた。不便はない。
書き込みスペースが多いので、こぼれ出る言葉を端から書き留めておける。
「ほぼ日ストア」のウェブサイトは、メール問合せへの対応がとても親切で素早い。
しおり紐が折れるのが気になって仕方がない。2007から材質が改善されはしたが、やはり折れる。
使い始めは薄いが、使っていくうちにページ間に空気が入って分厚くなる。
2007で買ったガラス加工の革カバーは、3シーズン使用した時点で、色がくすんでみすぼらしくなった。

ほぼ日手帳の歴史
ほぼ日手帳の使い方
能率カレンダーC211
ほぼ日手帳ボールペン

ほぼ日手帳2007ほぼ日手帳2008ほぼ日手帳2009ほぼ日手帳2010ほぼ日手帳2011ほぼ日手帳2012ほぼ日手帳2013ほぼ日手帳2014ほぼ日手帳2015ほぼ日手帳2016

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2006年6月 最終更新 2015/5/20