モノ ハード

メビウスノート

最終更新 2004/12/21
パソコン後進メーカーだったシャープが、windows95登場を機に1995年暮れに発売したノートパソコン
当時、他社では本気で作ったノートが皆無で、魅力的な機能と安さで、他社を圧倒し一気にシェアを獲得した

 初代モデル
バッテリー、FDドライブが換装可能。リチウムイオン・バッテリーは同時に2個装着可能。
CD−ROMドライブ内臓
モデム内臓
スライドパッド搭載(当時は少なかった)
ただし、このスライドパッドはマシンの中央に無造作に配置されていたため、右手のホームポジションの真下となり、マウス飛びが頻発して使いものにならなかった。

ソニー、Panasonicの参戦後は苦戦しているが、依然としてパソコン老舗の2大国内メーカーよりは、スマートで合理的な製品を出し続けている。
2000年秋には、声でインターネットが検索できる「連想検索機能」を搭載した。

シャープは液晶のトップメーカーであり、画面が抜群に明るく綺麗。@niftyのシャープユーザーフォーラムで先輩ユーザーのアドバイスが受けられるのもよい。シャープのサービスセンターは親切で、対応もまずまず速い。

ポートの競合面に難がある。(1998年までの製品で確認されている)いくつかのデバイスが同時に使えない制限が多い。1999年以降、デザインが悪くなった。

メビウスループ

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出1999年12月21日