モノ ハード

QV−10


世界初の量産デジタルカメラ。カシオ計算機製造。1995年3月10日発売

このカメラには今のデジカメがすべて兼ね備えているわけではない、特別なおもしろさがたくさんあった。

回転レンズ
高い位置、低い位置からのアングルが撮りやすい。
視線とレンズの向きが違うため、撮影のタイミングを被写体に悟られずに撮ることができた。

サイズが小さく軽い。
電源は乾電池
先では安心感があった。日頃は単3充電池を使えた(充電池についてはメーカーは動作を保証していなかった)
シャッター音なし
撮った時に音がしないため「いつ撮ったの?」と皆驚いた。被写体に意識させず自然な絵が撮れた。
25万画素
液晶モニター付き
初めて、あの小さい画面で今撮ったばかりの写真を見た時は衝撃を受けた。
ファイルサイズは20〜25kb程度
発売当時はパソコンのハードディスクが500MB程度で、ファイルサイズが小さいことは理にかなっていた。デジカメの写真を紙に刷るというおかしなことをしなければ、画面で見る分には実用に耐えた。年賀状に載せる程度の大きさであれば充分な画質だった。
記憶容量96枚。
外部メモリーはつけられず、本体内蔵メモリーの容量=96枚が、収容枚数。
もちろんパソコンに画像を移動させて、メモリーを開放すれば、新たに撮ることができる。
発売当時はWindows95も出る前で、パソコンを持たず、96枚の中でやりくりする人がいた。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2004年2月 最終更新 2008/12/6