しらべるモノ ハード

SDカード


Secure Digital CARD
松下電器産業、東芝、米国サンディスク社が提唱するメモリー媒体の規格である「マルチメディアカード」に著作権保護機能が付いたメディア。用途として映像・音楽を想定して開発された

3種類の規格

SDカード:最大容量2GB 2000年登場
SDHCカード:最大容量32GB 2006年登場
SDXCカード:2TB 2009年登場

classとは?

classは転送速度の目安。
数字が大きいほど、転送する速度が速い。
機械が指定している規格(上記)ならば、どのクラスのカードでも使うことができる。
クラスが高いほど値段が高い。

3種類のSDカード

SDカード 標準の大きさ パソコンデジタル一眼レフカメラなどに採用されている。
miniSDカード 小型デジカメなどに採用されているが、採用しているハードは少ない。
micro SDカード スマホタブレットPCなどに採用されている。

【 時系列の記録 】
記憶容量、最大512MB。
松下は2005年に4GB、将来的には16GBのモノが出せると言っている。
2001年第一四半期ドコモ、キャノンが利用を開始。2002年、512MBのものが発売された。ソニーが提唱するメモリースティックと競合する規格。
2001年6月現在、販売数はSDカード25万枚に対して、メモリースティックは4倍の1,000万枚と水を空けられているが、SDカード側は採用企業グループが巨大であり、2003年には逆転を目論む。
〜2002年10月記〜

SDカード PCカードアダプター
micro SDカード
メディアの歴史




Copyright しらべる 最終更新 2013/1/26