モノ ハード

シーリングライト

最終更新 2014/11/16
天井に直接とりつける照明器具

天井がすっきりするので部屋が広く感じる。
天井から満遍なく照らすので部屋が明るくなる。
 ぶら下がりタイプは天井の面が暗い。

【シーリングライトを選ぶポイント】
リモコン付き
寝室では必須。→寝室に使う小ぶりなシーリングライト
高さが130mm以内のもの
厚いと圧迫感があってダサい。直径が大きい場合、150mm程度。
リモコンは全灯→マメ球→消灯 最低3段階。
調光(段階的に明るさを調節できる)であればなおよい。
LEDでなくてもよいが、蛍光灯製品はあまり売られていない。


ドーナツ状の部分にある小さくて丸い物がLED

【時系列の記録】
ナショナルから省電力型の「ツインPa」という製品が発売されていて人気が高い。
実売価格は6畳〜8畳用、リモコン付きが7,980円より。
ヤフオクで多数取引されている。
〜2004年2月記〜
調光・調色リモコン付きが7,000円台に下がっている。黄金色のくつろぎ感を出せる製品は14,000円より。
〜2014年9月記〜

関連記事
天井スピーカー付LEDシーリングライトHH-LC464AHH-LC540A寝室に使う小ぶりなシーリングライト

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2004年2月