しらべるモノ ハード

食器洗い乾燥機

最終更新 2004/1/16
食器を自動的に洗い乾燥させる機械。略称=食洗機。1960年登場。
2000年代に入ってから「水を節約できる」ことが決め手となって急速に普及が進んでいる。慢性的な水不足の愛媛県松山市は食洗機の設置に補助金を出している

買うまで
サイズは日立の「きらきら生活」が最も小さい(奥行き248mm)
洗剤なしコース付きの製品もある。
本体以外に、分岐水栓、取付機具、置き台が必要。
置き台は流し台の形状によっては置けないことがあるので慎重に選ぶ。
置き台は本体と違うメーカーのモノを選んでも一向に構わない。
取付工賃はヨドバシカメラで3,000円。一般的には7,000円程度。
水道の蛇口によっては付かない場合がある。その場合は蛇口を変える。オールステンレスの最新型に変えて部品+工賃で3万円程度。
本体はヤフーオークションで買うと安い(工事はついていない)

使ってみて
運転音39db(ほとんどのメーカーがこの数値)はけっこううるさい。同じ部屋でつけているTVの音が聞き取りづらい。
皿やコップなどによって置き方にコツがある。
1日あたり1時間近くの可処分時間が創り出せる。

食器洗い乾燥機(2000年記)
食器洗い乾燥機(2003年記)



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

初出2004年1月  Copyright しらべる