モノ ハード

ザウルス


シャープが発売するPDA。シャープ独自のザウルスOSで動いている

1993年10月
1号機PI−3000発売。PI−7000からモデム内蔵となる
2000年12月
MI−E1からパーム各機種に倣いタテ型に変わる
2002年7月
FOMA対応PDASH2101V発売
2008年
販売終了

スケジュール、住所録というPDAの2大機能だけ使いたい場合、ザウルスのモノクロ液晶タイプで充分。
モノクロ版は頻度高く使っても単4乾電池で20日〜30日は保つ。パソコンとの連携ソフトも多数出ている。スケジュールをパソコンとリンクさせるのは、迷宮にはまるので、住所録データと一緒に1ヶ月単位、1年単位でバックアップをとるのがよい。
ペン入力は、毎日使っていればすぐ慣れ、かなり早く入力できる。手書き文字認識は、遅くて使えない。しっかり書くメールには向かない。ザウルスにキーボードをつなぐという、土台無理なことをしてはいけない。
(2002年7月記)

関連記事
W−ZERO3
スマートフォン

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 CopyrightしらべるCopyright 1993 silabel