しらべる倒れている人を見たら

AEDの使い方


Automated External Defibrillator
自動体外式除細動器 通称:押しボタン式心臓救命装置
一般市民が、電気ショックによる除細動を行うための装置

AED使用の流れ
▼突然心臓停止をして倒れている患者がいる。
▼意識を失っている人、全員に使う(要不要はAEDが判断する
   ↓
▼「大丈夫ですか?」と大声で呼びかける〜意識の有無を確認
▼119番通報
 ↓
▼胸をはだける。前ボタンでない場合、衣服ははさみで切る。
▼からだが濡れていたら拭く。
 ↓
▼近くにAEDがある場合、居合わせた人がAEDのスイッチを入れる。
▼あとはAEDの音声案内に従い、センサーを患者の胸に当てる。
 ↓
▼AEDが自動的に電気ショックが必要かを判断する。その指示に従う。
 ↓
▼同梱されているパッドを、心臓をはさみ対角線状に2つ貼る。
 ↓
▼AEDの指示に従い、一旦、体から手を離し、電流を流す。
(2回以上流す場合がある)

AEDが近くにない。取りに行っている間
 ↓
左右乳首の間に手を置く
体重をかけて、1分100回のペースで胸骨圧迫する。
血流を促し、に酸素を送るため

AED解説
心室細動は心臓の筋肉がばらばらに収縮する状態。そのまま放置すると10分ほどで死に至る。
見つけた人が細動を取り除く、すなわち除細動をする必要がある。

2003年、医師の指示なしでも救急救命士のAED使用が認められた。
2004年7月1日より一般市民にAEDの使用が認められた。
空港などの公共施設への常設、市民マラソンでの準備が進んでいる。

家電量販店で販売している。
「フィリップスハートスタートHSI」実勢価格50万円(2009年4月)
オムロン AED 自動体外式除細動器 レスキューハート HDF-3500」実勢価格22.7万円(2014年)

CPR 心肺蘇生術倒れている人を見たらドリンカーの救命曲線



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現  Copyright しらべる  初出2006年5月 最終更新 2017/5/16