酒は体によい?わるい?

最終更新 2001/2/27  アンチエイジング事典
アルコールは肝臓で代謝され体外に排泄される。呑みすぎて肝臓の処理能力を超えたアルコールは血液を介して脳に侵入することがある。アルコールは脂溶性物質といって脳内に簡単に浸透できる。脳に入ったアルコールは脳の神経細胞の膜を溶かし、情報のやりとりが混乱し頭の働きが鈍る。脳の細胞が一般の人よりもさらに多く死んでいき脳が小さくなる。

適度なアルコールは血液の循環をよくし、善玉コレステロールを増やし動脈硬化の防止になる。楽しい仲間と呑めばストレス解消にもなる。

呑んだ後、体じゅうが赤くなる、二日酔いするという人は酒をやめた方がよい。

コーヒー体によい?わるい?

アルコール度数

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新