体内時計調節たんぱく質

体内時計調節たんぱく質

最終更新 2009/7/7
BMAL1
脂肪の備蓄と密接な関係があるたんぱく質

体内時計調節たんぱく質をたくさん持っている時間帯に食べると、脂肪を蓄える。
体内時計調節たんぱく質が少ない時間帯に食べると、脂肪を蓄えない。

22:00〜26:00が最も多く、14:00〜16:00が、最も少ない。

「夜中に食べたら太る」の根拠の一つになる物質。
夜食がよくない理由

 体内時計調節たんぱく質の関連記事

夜食がよくない理由
12時に寝なければいけない理由

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2009年4月