日野原重明


【ひのはら しげあき】終末医療の先駆者となった医師

【略歴】

1911年
10月4日、山口県山口市生まれ
1941年
聖路加国際病院 内科勤務
1970年
「よど号」に乗り合わせ事件に遭遇。
「今できることをやろう」と気持ちを切り替え、犯人が貸し出した本を貪り読んだ。
1992年
聖路加国際病院 院長
1999年
文化功労賞受賞
2005年
文化勲章受章
2007年
「95歳からの勇気ある生き方」朝日新聞社
2027年7月18日
聖路加国際病院 名誉院長のまま 105歳で逝去
健康な長寿の秘訣として、粗食、うつぶせ寝を挙げている。
終末期医療の発展に貢献。音楽療法に積極的。著書235冊(2001年10月4日時点)

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新