しらべるからだ

耳鳴り

最終更新 2014/7/26
耳を澄ますと耳がきーんと鳴っている症状

原因
千差万別
"主な原因は加齢による難聴"と書いている文献が多いが、歳は関係ない。

対処
きーんが気になり始めて二日めに入ったら、すかさず耳鼻咽喉科に行く。
耳鼻咽喉科は「耳鳴り」治療に慣れている。「耳鳴りが気になる」と言えば、話は早い。

耳鼻科にて
はじめに発信音を聞き取る聴力検査がある。この時、周囲がうるさいと発信音が聞こえない。それで結果が悪くなると、強いクスリを出されてしまう。「うるさくて聞こえません」とすぐに言った方がよい。

治癒
すぐ治るケースもあれば、数年続くこともある。
治癒するためのポイントは早期受診。

治癒後
完治は考え方次第
「きーん」を忘れていれば治っていると言える。思い出して耳を澄ませば、たいていの人は「きーん」が聞こえる。それを耳鳴りと思う必要はない。
投薬治療後の聴力検査で「治っている」と言われたら、念のための薬は飲まない方がよい。

飛行機に長時間乗った日の夜、耳にきーんという音が聞こえる。これも耳鳴りだが、翌日には消える。
翌日になっても消えない耳鳴りは、受診したほうがよい。
耳鳴りは交感神経と関わりが深く、仕事で緊張している(交感神経が優位)時はよく聞こえ、家でくつろいでいる(副交感神経が優位)時は気にならない。

しらべるの耳鳴りブログ

第1話
きーん →耳鳴り →耳鼻科
第2話
王道を往く耳鼻科とジェネリック医薬品
第3話
目立たないから見えない 思い出さなければ聞こえない
関連記事
耳に水が入ったら| 耳かき| 耳栓を使う
目が真っ赤になったら

「耳鳴りがやまないな」と歌うのはELLEGARDEN「高架線」




毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2010年12月