脳講座>脳の夜間バッチ処理

脳の夜間バッチ処理

最終更新 2009/6/22
が睡眠中におこなう情報の整理

バッチ処理とは、コンピューター・システムにおける、一括処理のこと。
企業では、営業時間中にオンライン処理で入力されたデータのうち、優先順位が高いものだけをリアルタイム処理し、優先順位が低いもの、マスター更新などは溜めておいて、非営業時間の夜間に処理する。

人間の脳も同様に、日中の活動で収集した情報を溜めておき、眠りについた後に、情報の整理をおこなう。
しらべるでは、その活動を「脳の夜間バッチ処理」と命名した。
しらべるの造語一覧

バッチ処理が行われるのはレム睡眠時。
ノンレム睡眠時は、も休む。
完了に必要な睡眠時間は、およそ6時間。
適正な睡眠時間を見つける方法

情報の整理は、海馬がおこなう。
整理は、就寝直前の直前記憶から始めて、旧い記憶へと遡る。

寝る直前にチョコレートを1粒食べると、朝起きた時に、お腹がすっきりしていることがある。
 チョコレートの糖分により、脳の活動が促進され、より多くのエネルギーを消費したものと推測している。


記憶
ノンレム睡眠


なぜ冷蔵庫を開けてしまうのか
間食をするならば
頭を使うと腹が減る理由
脳卒中と脳梗塞と脳血栓と脳溢血の違い
ダイエット
頭がよくなる靴
朝食有害説

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2009年5月