しらべる

脳卒中と脳梗塞と脳血栓と脳溢血の違い


脳卒中
の具合が突然悪くなる病気の総称。
日本の脳卒中の患者数は、2009年当時およそ250万人、2014年で300万人。

脳梗塞
脳の血管が詰まった状態。

脳血栓 =脳出血
脳の血管が切れた状態。
脳表面とくも膜の間に出血すると、くも膜下出血。

脳塞栓
心臓から血の塊がきて、脳の血管につまった状態。

脳溢血
脳が腫れて出血した状態。脳出血の旧い言い方。

いずれも、数分で細胞が死ぬ。死に至る危険があり、障害が残りやすい。

関連記事
脳ドック脳講座
脳の夜間バッチ処理なぜ冷蔵庫を開けてしまうのか間食をするならば頭を使うと腹が減る理由ダイエット頭がよくなる靴朝食有害説



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2009年5月 最終更新 2015/4/24