しらべる入院

入院を知らせる人


入院が決まった時、それを知らせる相手、知らせない相手

知らせる
同居家族
世話をしてもらう、面倒をかけるので協力を頼む。
会社の上司
休むので決まったらすぐ上長に報告。その後も状況を随時報告。
上長が気持ちよく送り出してくれるか否かは、治療に専念できるかを左右する大きなポイント。
近くに住む親友
その人が入院した時、知らせて来た人

知らせない
離れて住む両親、兄弟
病名によっては大きな心配をかけるが、そばに居ることもできず、心配ばかりが募る。手術が終わってから知らせた方がよい。
会社の同僚
相手が部下の場合、お見舞いを催促することになりかねない。健康を害しているというニュースは職場で宣伝することではない。大出世を狙う人は隠したほうがよいくらい。
遠くに住む親友
取引先
こちらがクライアントの場合、お見舞に来いと言わんばかりで感じが悪い。
SNS
病気や入院の書き込みは、予定調和な同情書き込みを促す。こちらが思ったほど気の利いたレスはつかないし、無視されることもある。退院後「入院していましたが、今日から復帰しました!」と一言いえばよい。

関連記事
限度額適用認定証診断書の書いてもらい方入院必需品一覧



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2015年6月 最終更新 2015/6/7