しらべるアンチエイジング事典

老い


人が歓迎しない衰えの概念

概要
老いは老化の概念。
人は加齢とともに肉体の衰え、胆力の衰えが起きる。その衰退を代表したことば。
日本では65歳以上の4人に1人が認知症。ただし、誰もが「心」が老いるわけではない。

「心」の老いに代わることば
熟練
経験を積み、数多くの成功と失敗の知識を得たことで、より速く運命が選択できるようになる。認知症に捕らわれない限り、心は進化する。

「体」の老いへの対策
2014年時点の医療では、体の老いには対抗できない。
体の老いに対抗しなければ、に影響が及び、心の老いが進む。
体力が許す範囲の負荷の低い運動習慣が必要。

体の老いを諦めて対策を怠ると、の老化が進み、老いは加速する。その先にはぼけ老人の暮らしが待っている。

関連記事
認知症アルツハイマー病加齢臭運命を変える技術



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現  Copyright しらべる 初出2014年12月 最終更新 2014/12/8