しらべるこころの健康

うつ病


意欲が低下し沈んだ気持ちが継続する心の病気

投薬治療で治る。投薬治療しないと治らない。服薬遵守が大切。
はじめの診療で一度で治す。再発すると慢性化する。
治りがけに自殺の危険性が高い。
うつが治ることは寛解するという。

発生率について新聞、書籍では「7〜10人に1人がかかる」と書いている。中高年で発症すると自殺につながりやすい。今はまだうつ病でなくとも、知識として予習しておくとよい。

1996年のうつ病を含む気分障害患者は43.3万人(厚生労働省調べ)日本の人口で割ると288人に1人の計算。10人に1人ならば治った人も含めて1250万人が経験者ということになる。7人に1人と言っている機関は受診していないうつ病患者数まで推測して、計算に入れているのだろう。

「中高年のうつ」中山和彦 大泉書店 2003年12月 〜は親切でわかりやすくまとめられている。

うつとうつ病は違う。
うつは憂鬱な状態。うつ病は症状が病気と診断された状態。

うつ病患者の雇用により、企業は障がい者雇用率を上げることができる。

関連記事
うつ病を治す方法
うつ病の人に言ってはいけないこと
磯部潮

アパシー
新型うつ病
心身症
心理学の定義
心理学の種類
ボーダーライン





初出2004年2月  Copyright しらべる