しらべる新幹線講座

0系


【 ぜろけい 】 東海道新幹線(東京〜大阪)開業時に使用された先頭が丸い型の車両。
1964年〜1986年の間に3,216両が作られた(新幹線として最多)2008年11月30日で営業運転を終えた

配色: 地=クリーム色10号 ライン=青20号
窓枠が緑ラインの東北新幹線は、形はほぼ同じだが200系と呼ばれる。
1980年に200系が発表されて初めて、初代車両が「0」と呼ばれるようになった。

当初「ひかり」で使用。100系車両登場後は徐々に「こだま」に移行していき、300系登場後は「こだま」のみに使われる。
JR西日本ではウエストひかり塗装(白地 青+白ライン1本)が施された。
引退廃車を前にした2008年6月、再度、オリジナルの青ラインカラーに塗装された。

【 0系 時系列の記録 】

1964年(昭和39年)10月1日
東海道新幹線開業時に使用開始。
1980年
200系が運用を開始したため、区別するために 0という呼称がついた。
1995年
1月16日、東海道新幹線における「ひかり」使用、最後の日となった。
翌朝阪神淡路大震災が起きた。
1999年9月18日
東海道新幹線から引退。
その後は山陽新幹線通勤新幹線(博多〜博多南)で現役を続けていた。
2002年
グレー地に ダークグレー/フレッシュグリーン・ラインのリペイント車両が登場。


2003年6月29日8:43 博多駅で撮影
2008年6月
残っていた全営業車両(3編成)が再びオリジナルの配色<地=クリーム色10号 ライン=青20号>にリペイントされた。
2008年8月31日
JR西日本が保管していた2台めに製造された先頭車両が、さいたま市のJR交通博物館に譲渡され、搬入された。
2008年11月30日
山陽新幹線博多南線の営業運転から引退し、廃車となる。
2008年11月7日
引退記念DVD発売「0系 1964~2008 <プレミアム・エディション>」実勢価格4,451円
2012年2月24日
大人の超合金 新幹線0系発売
2014年3月15日
JR四国で0系を模した「鉄道ホビートレイン」 キハ32系改造車が運用開始。十河信二(そごうしんじ)が愛媛県出身であることに因んだ。



0系引退0系の静態保存ドクターイエロー(0系)L0系


2000年8月20日 博多南駅で撮影

Copyright しらべる 最終更新 2016/4/10