しらべるど素人!新幹線講座

800系

最終更新 2013/9/16
九州新幹線に使用される 真っ白の新幹線車両

車両
500系と同様に、試作車両扱いの上限である9編成で生産を終了する。
0番台6編成 1000番台または2000番台3編成

設計:水戸岡鋭治
編成番号:U

全車両2+2列
300系500系700系N700系は普通車2+3列、グリーン車が2+2列。つばめ800系にはグリーン車はない。
全号車とも前後端の席にパソコン用コンセントが設置されている。

ダイヤ
主につばめに使用される。
九州新幹線内のさくらにも使用される。
【例】さくら415号 博多発鹿児島中央行き
山陽・九州直通便にはN700系7000番台8000番台車両が使われる。


JR九州商事製 ダイキャスト スケールモデル

【 800系の歴史 】

2003年
8月8日、800のNゲージダイキャストモデルをJR九州が発売。1,890円+送料630円。
Nゲージの老舗メーカー、トレーンは JR九州に商品化の申請を出しているが、依然として許可をもらえていない。2004年4月記
9月22日、実際の線路を使っての試験走行が始まる。
2004年
3月13日、九州新幹線開通。運行開始。
新八代〜鹿児島中央間を6両編成で運行する。ダイヤ名は「つばめ」 博多〜八代間の在来線特急「つばめ」とリレー運転する。
5月31日「トレインシミュレーター九州新幹線」発売。
2009年
新800系(N800系)が運用に加わった。
2011年
3月13日、九州新幹線全面開通にともない、九州新幹線内全域を走り始める。
6月、800系が撮影に使われた映画「奇跡」公開
その他
特集記事
「鉄道ファン」交友社 2004年5月号で車両搬入記、経緯、特徴など詳しく紹介。
矢野直美は800系に「ハチ」というあだ名をつけている。
博多−新八代間で運行していた「リレーつばめ」は、2012年3月の九州新幹線全線開業によって廃止された。
つばめ

*参考文献「正しい鉄道デザイン」水戸岡鋭治 交通新聞社 2009年8月初刷




Copyright しらべる