鉄道用語集

いすみ鉄道


房総半島を横断して田園風景を走る鉄道

→「いすみ鉄道と小湊鐵道で往く房総半島半周の旅

概要
区間:大原から上総中野(かずさなかの)14駅
上総中野で小湊鐵道に接続する。


はれぶたび日記

全長:26.8km
乗車時間:50分
ダイヤはおよそ1時間に1本
<土曜日>大原発 9:18 その次は10:46

特徴
黄色い「ムーミン列車」が走る。
風そよぐ国吉駅にムーミンのキャラクターオブジェがある。

トピックス
3月〜4月上旬、沿線15kmにわたり、菜の花が咲く。
4月中旬からは大多喜のレンゲが見頃。
10月末には「ハロウィーン列車」企画があり、乗客は仮装して乗り込む。

レストラン キハ
キハ28で食事を楽しむ列車
「伊勢海老特急イタリアンコース」「伊勢海老特急お刺身列車コース」などの企画列車を販売している。
実施は土日祝日
販売価格例:東京駅発着「伊勢海老特急イタリアンコース」 18,900円



【いすみ鉄道の歴史】

1928年
小湊鐵道が上総中野まで開通。
1930年
木原線開通(更津と大から1文字ずつとって命名)
大原〜大多喜間 開業
1933年
大多喜〜
1934年
木原線が上総中野まで延伸。小湊鐵道と接続して房総半島横断鉄道となる。
1987年7月7日
JR木原線廃線をうけて、第三セクターのいすみ鉄道(株)設立
1988年3月24日
いすみ鉄道開業
2009年
6月29日、社長公募で鳥塚 亮(とりづか あきら、前職は英国航空勤務)が就任。観光鉄道化が始まる。
10月1日、ムーミン列車運行開始
2010年6月
いすみ鉄道オリジナルポイントカード発行
2011年4月29日
大糸線で廃車になったキハ52型(窓が開くボックスシート車両)の営業運転開始。
2014年10月19日
いすみ鉄道公認の房総半島応援アイドル「BOSO娘」誕生
いすみ鉄道関連書籍
鳥塚亮社長が2冊出版している。いすみ鉄道について書かれているのは@。Aはエッセイ。
@「いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略」講談社 2011年5月
A「ローカル線で地域を元気にする方法−いすみ鉄道公募社長の昭和流ビジネス論−」晶文社 2013年7月

関連記事
松浦鉄道に乗る!東京都下0系3本視察

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2015年9月 最終更新 2015/11/29