しらべるポケモンの歴史

ポケモンGO


リアルな路上でポケモンを捕まえるスマホのゲームアプリ

概要
アプリ名称:Pokemon GO
eにアポストロフィーが付く
開発:ナイアンティック(アメリカのゲーム会社)
発売:任天堂
料金:アプリは無料(アプリ内課金あり)

Pokemon GOを使う
▼アプリをダウンロード
「ポケモンGO」で検索。名称がPokemon GOであることを確認する

▼アプリを起動しておく
▼ポケモンが現れるとスマホが振動する
▼捕獲操作をして(モンスターボールを投げて)ゲットする

ゲットしたポケモンはポケモン図鑑に登録される
トレーナー同士、オンラインで対戦することができる

【 ポケモンGOの歴史 】

2016年7月6日
アメリカでサービス提供開始
2016年7月22日
日本でサービス提供開始 日本語ウェブサイト開設 「ポケモントレーナークラブアカウント」作成システムに障害がありGoogleアカウントのみ利用可能。Googleアカウントが作れない13歳未満はプレイできない状況だった
7月23日
熊本城が対象から外すよう要請
販売側は「特定の地域について、ユーザーなどからモンスターが出現する対象から外してほしいなどという要請を受け付ける」「削除の対応を取ることはありえる」と説明した。
偽アプリが40種類以上出回っていることが報道された
7月24日
配信開始後初の休日。いつもは人気の無い無名の公園にプレイヤーがたむろしていた。
7月22日〜25日11:30
運転中「ポケモンGO」の検挙71件、事故8件
7月22日〜27日
運転中「ポケモンGO」の検挙406件、事故36件(人身11件・物損25件)
7月28日
日航ジャンボ機墜落事故現場(群馬県上野村)「慰霊の園」にポケストップが設定されていることがわかった。
8月4日、最新版にアップデートしていないポケモンGOを起動すると 最新バージョンに更新しますか?[OK]と表示され、アプリ「Testflight」のダウンロード画面が開く不具合が発生。app store を開く>「アップデート」リストにある「ポケモンGO」をアップデートすると解消された。
トピックス
常時GPSを使うアプリなのでバッテリーの消耗が激しい。
発売直後、携帯予備バッテリーの消費が伸びた。

ポケモンGO公式サイト


毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2016年7月