しらべるど素人!仮面ライダー講座仮面ライダー旧1号情報

仮面ライダー旧1号


1話〜13話まで登場した初期の1号。
藤岡弘が10話撮影中の怪我で11話より休養、12〜13話は変身シーンなしでしのいだ

【 設定 】
城南大学の科学者であり、オートバイ世界GPのチャンピオンを目指すライダーでもある本郷猛〜1948年8月15日生まれ、放送開始の1971年4月には22歳の設定〜は、立花レーシングクラブ〜TRC 代表=立花藤兵衛〜に所属している。

【 桜島 】
藤岡弘が回復後 40話で再登場した1号は、マスクの地の色が黒に近い緑、クラッシャーが濃い緑、目が濃い赤に変わった。このタイプの1号はロケ地にちなみ「桜島1号」と呼ばれている。
2号が南米に発った後、54話から再び主役に座った1号は2本ラインが入り完全にモデルチェンジして「新1号」となった。



【 視聴率 】
第1回放送「怪奇蜘蛛男」の視聴率は5.1%。旧1号での最高は13話の18.0%と決して高くはなかった。
1992年のインタビューで原作者 石ノ森章太郎(故人)は「僕の気持ちの中では『仮面ライダー』は1号で終わっているんだ、本当をいうとね」と語っていた。

【 旧1号人気の分析 】
放映当時はライン入りジャージが初めて流行った時代で、ライン入りの2号、色鮮やかな新1号・新2号は人気が高く、地味でホラー調な旧1号ファンは、天邪鬼な子どもだけだった。

しかし、大人になった「仮面ライダー世代」の中で恐怖感、古さの象徴であり本物志向の旧1号に見直し人気が起こり、最高の人気キャラクターとなった。ガレキフィギュアプライズ食玩のラインナップでは、必ず旧1号が登場する。

【 手術台の本郷猛 】
2006年12月、アバンタイトルの名シーン、ショッカー基地での本郷猛改造シーンのジオラマがバンダイから発売された。
魂コレクターズHERO SAGA Vol. 〜潜入〜

【 平成25年の旧1号 】
仮面ライダークウガに始まった「平成ライダー」も13年。→仮面ライダー年表
途切れることなく放送されており、人気が定着している。ノスタルジーを追った旧1号ブームは去り、新たな旧1号ファンが開拓されることもない。大物商品企画は途絶え、プライズ食玩でもアソートの出番はほとんど無くなっている。
〜2013年9月15日記〜
仮面ライダー旧1号情報

関連記事
仮面ライダー旧1号をDVDで見る仮面ライダー年表仮面ライダークウガのあらすじ仮面ライダー・ザ・ダイナー


毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2000年4月 最終更新 2013/9/15