しらべるホビー>帰ってきたウルトラマン

帰ってきたウルトラマン

最終更新 2012/9/22
ウルトラマンのTVシリーズ第3弾。
第二次怪獣ブームを興し、後のウルトラマンシリーズ化の発端となった。
マットアロー1号、MATビハイクルなど、関連アイテムがウルトラマンシリーズの中では最もシンプルかつ、かっこいい

【 時系列の記録 】

1971年
4月2日、放送開始。TBS系列 金曜夜7時
第1話「怪獣総進撃」ではザザーン、タッコング、アーストロンが登場。少年を救出するために命を落とした郷秀樹(俳優は団次郎、1984年から団時朗、本名:村田英雄)にウルトラマンが宿る。
第18話「ウルトラセブン参上!」
ウルトラセブンが登場。帰ってきたウルトラマンにウルトラブレスレットを授ける。
34話「ゆるされざる命」
PYGの「花・太陽・雨」がエンディングで使われる。
37話「ウルトラマン夕陽に死す」
ナックル星人、ブラックキングとの2対1の対戦で帰ってきたウルトラマンが敗北。翌週ウルトラマンウルトラセブンが救出した。帰ってきたウルトラマンでは怪獣2体登場のストーリーが多かった。
40話「まぼろしの雪女」
帰ってきたウルトラマンが冷凍された後バラバラにされる。子供達は残忍というより乱暴な展開に「おいおい」と突っ込みを入れた。
41話「バルタン星人Jrの復讐」
人気怪獣バルタン星人の子どもが登場。これ以降ウルトラ怪獣の代表格となる。
1972年
3月31日、最終回
第51話「ウルトラ5つの誓い」初代ウルトラマンを倒したゼットン(二代目)が登場。帰ってきたウルトラマンはスペシウム光線で倒した。
1995年
8月「ウルトラマンダンディー」発売。帰ってきたウルトラマンのスーツに入って演じた役者 きくち英一が全51話を解説。
8月、バンダイHGガシャポンに初登場。
帰ってきたウルトラマンのガシャポン
1999年
帰ってきた帰ってきたウルトラマン」監修円谷プロダクション 辰巳出版 発売。1995年〜2003年に出された検証本では唯一帰ってきたウルトラマン関連の玩具を特集し写真を掲載している。表紙以外カラー写真が1枚もない。
2003年
1月「帰ってきたウルトラマン大全」白石雅彦 荻野友大 双葉社発売。当時の資料を多用し最も詳細なメイキングストーリー。
2月「帰ってきたウルトラマンアルバム」竹内博 朝日ソノラマ 発売。全51話の写真ストーリーが収められている。マットアロー1号、2号、マットジャイロなどの特撮使用模型の写真はプラモデル彩色の参考資料として貴重なもの。
2007年
10月、Real Action Heroes 帰ってきたウルトラマン メディコム・トイ 発売 30cm関節可動フィギュア 13,440円
2010年
6月、特撮プロップレプリカコレクション 第2弾 マットアロー2号発売。
2012年
5月、RAH 帰ってきたウルトラマン Ver.2.0 発売。
放送開始日は仮面ライダーと1日ちがい。ウルトラマンシリーズとしては、ウルトラセブンから3年のブランクがあった後の放送開始だった。
当初予定されていた2クール26話では終わらず番組延長。10月から第3クールに入る(1クールは13回)。裏番組ではテレビ漫画「コートに賭ける青春」が始まっていた。ビデオデッキもない時分、男女の兄弟がいる家庭では激しいチャンネル争いとなった。翌週の予告で「バルタン星人」が出るとわかると2週つづきでみて、次の2週を譲るといった交渉が行われた。

帰ってきたウルトラマンは当時の少年誌では「帰ってきたウルトラマン(新マン)」と表記されていたが、後には「ジャック」という名前であることになった。ホビー誌上やコレクターは「帰りマン」と表記することがある。
「帰ってきた○○」という表現の元祖であり、ウルトラマンを見ていない1980年代生まれにもこの表現を使う人がいる。

ウルトラマンシリーズは実質的にはここで終わっている。帰ってきたウルトラマンの後番組は間を開けず「ウルトラマンエース」が始まったが、あまりに格好悪すぎてファンを失望させた。




帰ってきたウルトラマンのガシャポン
RAH 帰ってきたウルトラマン Ver.2.0
特撮プロップレプリカコレクション 第2弾 マットアロー2号
毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2004年4月