A判

最終更新 2003/8/3
【えーばん】841×1189mmをA0とする紙のサイズの国際規格。ISOが認定している。
1929年、当時のドイツの規格をそのまま採用した

日本には日本独自のB判があるが、政府は1993年4月より公文書をA判に統一。1999年4月までに全都道府県もこれに倣った。

参考文献 
〜「読売新聞」2001年6月7日夕刊


A0=841×1189mm
A1=594×841mm
その半分ごとにA2〜A10まである。

ポータブルOHPのTPシート、Power PointもA4が標準サイズ。ビジネス資料はパソコン画面に合わせてA4よこに統一するとよい。プレゼン配布資料の中にたて・よこが混ざると、聞く方はしょっちゅう向きを変えねばならず見づらい。

B判
AB判
A6とA4

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyrightしらべる 今日の更新