なぜ企業は厚生年金を代行していたのか

最終更新 2014/7/13
バブルの頃は、厚生年金の加入者から集めたお金を投資に回して儲かったから

バブルが終わり、儲かるどころか企業が年金基金に赤字を補填しなければならなくなり、経営を圧迫していた。

そこに、2002年4月「代行返上」が認められ、企業に救いの手がさしのべられた。


関連記事
厚生年金
国民年金
共済年金

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新