しらべる一般 できごと

関門海峡

最終更新 2014/5/24
本州と九州を隔てる海峡山口県福岡県北九州市司区が相対する

関門トンネルは、自動車・人道、鉄道、新幹線の3本がある。
・自動車と人道は同じトンネルの上下。関門橋のほぼ真下。
・鉄道は西側の別ルート(関門鉄道トンネルは長さ36km)を通りJR門司駅の直前に出る。
JR西日本とJR九州の境界線は下関駅構内にあり、関門鉄道トンネルはJR九州の管轄。年1億円の維持費はJR九州の負担。
新幹線は自動車トンネルのそばを通り小倉駅そばに出る。

関門橋は自動車専用道路<高速道路>

長府の沖に2つの無人島「満珠」と「干珠」がある。
海峡を見下ろす下関市の火の山ロープウェイのゴンドラは「まんじゅ」「かんじゅ」と命名されている。

関門海峡は早鞆瀬戸と呼ばれる。
鳴門海峡、長崎の西海橋と並ぶ日本三大潮流に数えられ、潮の流れが速い。

【 関門海峡の歴史 】

1185年
壇ノ浦の戦い。源氏と平家が壇ノ浦で戦い平家が敗れた。
1942年
日本初の海底トンネル、関門海底トンネル開通
計画時、空襲を想定して橋ではなく、トンネルに決まった。
はじめに開通したのは関門鉄道トンネル下り線。
1958年
関門国道トンネル開通
1973年
関門橋開通
1975年
山陽新幹線開通。新関門トンネル使用開始。
2001年
関門海峡を臨む新下関水族館「海響館」オープン
2008年
第1回下関海響マラソン開催

下関市の歴史

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2004年12月