しらべる一般/できごと

関門橋


関門海峡にかかる吊り橋

概要
開通:1973年11月
工事中の死傷者:ゼロ
本四架橋工事の試金石として工事が行われた
中国自動車道、九州自動車道(ともに高速自動車国道)を結ぶ関門自動車道が走る。
自動車専用道路。歩道は設置されていない。

特徴
斜材が使われていて、橋脚の梁が×型である

【関門橋の歴史】

1942年
関門海底トンネル開通。橋梁案も検討されていたが、敵軍の空襲を想定してトンネルに決まった。
1965年 昭和40年
関門自動車道が橋梁案に決まる。
1968年
6月、起工式 着工
1969年
橋脚工事
1970年
橋塔工事
1971年 6月16日(水)10:00〜関門海峡を航泊禁止として、門司側から下関側へケーブル架設工事を行った。
ケーブル架設はヘリコプター、気球、海上曳航の3案が検討され、海上曳航に決まった。10時〜14時の予定で始まり12:30に終了した。
1972年
3月、橋桁架設着工
11月、橋桁架設完了
1973年
3月29日、橋の塗装色がグリーングレーに決まった。
4月26日、名称が関門橋に決まった。工事期間を通じて地元では関門大橋と呼んでいた。
9月30日「関門橋」山海堂出版
11月14日、開通

1983年6月、RZ350で走行中を撮影した。白く煙っているのはRZ350がはき出した煙。

*参考資料「関門橋」村上己里 山海堂 1973年9月30日初刷
関門橋ができるまでを内側から描いた唯一の書。2010年7月現在、中古書が流通している。

下関市
山口県
福岡県

吊り橋ができるまで
吊り橋の歴史

明石海峡大橋
東京ゲートブリッジ
毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現  Copyright しらべる 初出2010年6月