一般/できごと

京都議定書

最終更新 2009/9/23 環境の歴史
1997年に京都で開催されたCOP3(気候変動枠組み条約第3回締約国会議)で採択された 地球温暖化対策の約束。

温室効果ガス削減目標
期間:2008年〜2012年
対比:1990年水準に対して
削減値:先進国5%、日本6%、米国7%、EU8%
1997年
COP3、京都で開催
2001年3月
米国は議定書の議論から離脱し独自のルール作りを目指すと表明。
2001年5月30日
デンマーク議会が承認。EUでは初めて。
2001年11月10日
COP7で京都議定書の運用ルールについて合意が成立。
2002年6月4日
日本、京都議定書を批准。
2005年2月16日
京都議定書発効 (1997年COP3参加国の55%を超える国が批准した時点で国際条約として発効)
2008年〜2012年
実施期間
2009年
民主党鳩山総理大臣は国連で「日本は1990年水準比マイナス25%を目標とする」と演説した。


Copyrightしらべる 今日の更新