しらべる一般 できごと

閾値

最終更新 2014/9/27
【 しきい ち 】 ある反応が起こる境界の数値

本来の意味は、反応を起こすために加えるエネルギーの値。
転じて以下のような意味で使われる。
【例】
・在庫管理システムで、追加発注を促す、在庫の下限数値。
・警報システムで、警報を発報する(アラートを出す)設定値。



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2006年3月