しらべる一般 できごと

ワーキングホリデー


他国の文化を学ぶための滞在中、滞在資金の範囲内で働くことを認める制度

観光(sight seeing)目的の海外旅行先では、普通は働くことはできないが、取り決めを交わした国に限り、働きながら半年〜1年滞在できる制度。
事前にその旨、申告してビザの発給を受ける。18歳〜25歳に限る。

日本とワーキングホリデーの協定を結んだのは1980年、オーストラリアが最初。
その後、ニュージーランド、カナダ、大韓民国、フランスが加わり、2000年夏より、ドイツ、英国が加わった。

ニッテレの「電波少年」放送当時は、現地で働きながらをしようと試み、年齢オーバーや制度のない国でトラブルになるケースが多かった。
「ワーキングホリデー」は有給休暇の新しい呼び名ではない




毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 最終更新 2006/10/9