しらべる都道府県もくじ

矢祭町

最終更新 2010/8/30
【 やまつりまち 】 地方議会が、日本一合理的に運営されている町。
一方では、住基ネットに参加せず、行政合理化に反旗を翻している。
福島県東白川郡矢祭町

東京都の国立市と矢祭町だけが、住基ネットに接続していない。
国は法律に基づき是正を求めているが、2団体ともに応じていない。現時点では、是正勧告には法的強制力がない。
〜2009年5月記〜

場所:福島県の最南端に位置し、南を茨城県と接する。
人口:6400人 2009年4月現在

【 矢祭町の歴史 】

1963年
1月1日、矢祭村から矢祭町となった。
1983年
4月、根本良一町長就任 6期24年を務めた間に、日本で初めて、町議会が公僕として働く体制を敷いた。
2001年
10月31日、町議会で、市町村合併をしない矢祭町宣言を採択。
合併講座 
2002年
8月5日、この日オンライン稼働した住基ネットに、初日参加を見送った全国6つの市町村の1つとなった。2009年5月現在、いまだ接続していない。
9月、町議会定数を18人から10人に削減。
2006年
「矢祭もったいない図書館」開館 全国から図書の寄贈を受けて作られた。
2008年
3月31日、町議会議員報酬を日当制に変更する条例を施行。
議員報酬は、日当3万円×年間議会開催日数およそ30日で、年収90万円程度。政務調査費も支給しない。議員が「職業」になっている日本の制度から、議員はボランティアによる公僕と考える欧米に近づいた。
名古屋市議会の場合、報酬1,550万円+政府調査費660万円などで、年間およそ2,290万円が支給されている。
矢祭へ日帰りドライブするならば、大内宿(福島県南会津郡下郷町)とセットで行くとよい。

河村たかし




毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2009年5月