データベース

最終更新 2008/6/19
【DB/database】それぞれの件数が多い複数の項目の情報を蓄積しておき、必要な時に検索して利用できるようにした情報群

個人がエクセルファイルでつくる住所録はデータの内容はデータベースと同じでも、他のコンピューターと一元的に共用できないのでデータベースとは呼ばない。
情報群だけではデータベースとは呼ばない。情報群を利用できる仕組みを伴って初めてデータベースと呼ぶ。

コンピューター・システムにおいて、データベースの要件
■業務要件をよく分析して定義されている。
■参照の保全性と、データの安全保護が考慮されている。
■処理効率が最大となるよう設計されている。

コンピューター・システム技術者は任意のデータベースのことを **DB(例:会員DB) と表記する。

データベースでは、必ずキーとなる情報を設定する。


【データベースの関連記事】

データベース設計手順
データベースをつくる理由

構成管理DB




毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyrightしらべる 今日の更新

今日の更新 Copyrightしらべる 初出2003年3月