しらべるIT

グループウェア

最終更新 2006/5/22
チームで仕事をするグループの情報をコンピューター・ネットワークを使って一元管理するソフトウェア。 スケジュール、会議室予約、会議への出欠、共有データベースなど

使い方のパターン
事務所内で使う場合
イントラネットサーバーに置いてLANで入る。
・グループウェアサービス会社のサーバーに置いてインターネットで入る。
モバイルで使う場合
エクストラネットのサーバーに置いてインターネットで入る。
・グループウェアサービス会社のサーバーに置いてインターネットで入る。
・イントラネットのサーバーに置いてRALS(+ワンタイムパスワード)で入る。

目的
意志決定のスピードアップに役立てたり、独り占めされがちな情報を公開しあい、チームとしての収益アップにつなげる。

1988年頃、グループウェアという言葉が生まれた。
1989年ロータスノーツ発売。国内最大ユーザーは東芝。1995年頃「企業のグループウェア導入率は約50%」とロータスが言っていたが、単なるイントラネットを全部入れている数字としか思えなかった。
1998年、サイボウズ発売。

ロータスノーツ、サイボウズなどは有料サービスだが、無料の YAHOO! eGroups でも十分なサービスが利用できる。「セキュリティ心配症」の人がいる会社では有料サービスを使っている。


グループウェアの設計をする人



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現  Copyright しらべる