HTMLとXMLの違い

最終更新 2000/12/3
HTMLは「どう表示するか」を定義するもの。
XMLはデータの意味をタグで表現するが表示のための情報は含まない

XMLHTMLを拡張したもの。

【XMLの利点】

HTMLの形式だけでは表現の限界がある。データを有効に活用する、再利用するという点でXMLは優れている。

たとえば、インターネット上に「本のタイトル一覧表」があったとする。これを作者で検索したい、値段で並び替えたいということがHTMLにはできないがXMLならばできる。

XML HTML SGML比較表

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新  初出2000年3月