しらべるIT

Java VM

最終更新 2003/3/19
【 Java Vertual Machine 】 ジャバ仮想マシン。JavaプログラムがパソコンのOSを問わず動くためのしくみ

ふつうソフトは Windows用、マック用などに分かれている。
Java VMはそれぞれのコンピューターの中に「仮想ジャバパソコン」を作り、Javaプログラムをそれぞれのパソコンに翻訳する役割をする。この翻訳語のお陰で、Javaプログラマーは1通りのソースコードを書くだけでよい。

Javaプログラムがどのパソコンでも動く秘密がこのVMの存在にある。2000年秋登場のJava対応 iモード端末503シリーズは、このJava VMを搭載している。

Javaが実行されるまで



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる