しらべるIT

JSP

最終更新 2005/8/13
【 じぇーえすぴー 】 Java Server Pages
JavaでつくるWebアプリケーション

ユーザーがWeb画面から何かを要求すると、Javaでできたプログラム(JSP)が Webサーバー内で動き、要求結果のHTMLファイルが作成される。

ASPと仕組みはおなじ。プログラムがJavaで書かれているというところが違う。ASPはマイクロソフトのWebサーバー IIS 環境で使われるが、JSPはWebサーバーの選択肢が広い。



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

初出2005年8月Copyright しらべる