しらべるIT

マスターとテーブルの違い

最終更新 2008/4/3
格納するデータ項目による呼び名の違い。
物理的には、まったく別のものではない

マスター
台帳や名簿の役割を担うファイル
またの名を「マスター・テーブル」

テーブル
マスター・データの関連データを格納したファイル
またの名を「ディテール・テーブル」


トランザクション・テーブル
受注データのように刻々と発生するデータを蓄積したファイルはトランザクション・テーブルという。一般的には省略して「トランザクション」と呼ばれる。




しらべるのブログしらべるが行く!毎日連載中!

初出2005年2月Copyright しらべる