しらべるIT

RALS

最終更新 2002/6/21
【 らるす 】 Remote Access Line Service
NTTドコモとNTTコミュニケーションズが共同開発した企業向け通信回線サービス

社内オンライン・サービスがある会社は使わない方がよい。ネットワークやオンラインの利用頻度が高い会社ではコストダウンにはならない。

特徴
フレームリレーに比べて基本料金部分が4分の1程度
モバイル機器(携帯電話、PHS)からもアクセスできる。
全国1ナンバー ユーザー毎に専用の電話番号が割り振られる。
全国一律の通信料金 どこからかけても通信料金は一定。
ISDN回線が必要。
回線利用状況がWebでモニターできる(どのサービスを使っているかはわからない)

こんなケースに使える
社内ネットワーク費用をコストダウンしたい
モバイル機器で社内ネットワークに接続したい

難点
ある程度ユーザーの利用頻度が高いとコストダウンにならないどころか、サービスダウン&コストアップでとんでもないことになる。

RALSレポート



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現  Copyright しらべる