しらべるIT

SFA

最終更新 2003/9/10
【 えすえふえー 】 Sales Force Automation
Sales Force(=販売部隊、営業の出先)に対して、情報や分析ツールを提供し支援すること。


営業活動を「早く」「良く」「楽に」することが主旨。

機械にできることは最大限機械でやって、人間は人間にしかできないことにより時間を割く。
ITベンダーがいう「ビジネスプロセスのデータを収集してマネージャーが判断・・」なんてことはSFAでやるまでもない。
営業をすべて機械化して人を減らそうという話ではない。
導入する場合、最低限SFA、グループウェア、ワークフローの違いは把握しておきたい。

会社・管理者にとって管理する材料が増えるメリットがあるが、現場からは報告の入力作業が増えて嫌がられる。
管理者が集まったデータを分析できる見識と卓越した経験を持っていて初めて生きるしくみ。そうでなければ費用に見合う効果は上がらないが、管理者は「私が無能でした」とは言わないので、それはシステムのせいにされる。

【 SFAの具体例 】
●商談に説得力を与えるデータ、資料(見積もり・シミュレーション・提案書など)いつでも最新のものが取り出せる。
●セールスマネージャーが成約確率や、販売チャンスを予測する(プロセスを管理する戦略的チーム営業を実現する)

【 ちょっと専門的な話し 】
SFAはCTICRMなどの顧客からのインバウンド情報を取り入れる仕組みと接続することで有効な仕組みとなる とベンダーは言っている。
だが、単独で段階的に導入することもできる珍しいアプリケーションでもある。
セールス側の利用形態は、モバイルパソコンiモードでwebサーバーにアクセスする。
ソフトブレーンeセールスマネージャーは安くて品質も高い。



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる