ど素人!政治経済講座

安倍晋三


【あべ しんぞう】衆議院議員 山口4区

【安倍晋三の経歴】

1954年
9月21日、衆議院議員 安倍晋太郎の長男として生まれる。
1977年
成蹊大卒業。卒業後2年間カリフォルニア大学政治学科に留学。帰国後神戸製鋼に入社。
1991年
秘書をしていた父・安倍晋太郎が急逝。
1993年
7月、衆議院初当選。
2000年
第二次森内閣で内閣官房副長官。
7月30日、ラジオ日本「政界キーパーソンに聞く」に出演。次のように語っている。
「日本が動く時」長野祐也編 ぎょうせい から引用)
国民と共に、やはり私どもの歴史や文化、伝統にもう一度目を向け、思いをはせながら誇りを回復していく。そこからそれを土台に世界に対してちゃんと責任をもって貢献をしていく。そういう責任のある風格のある国をつくっていきたい。
(引用おわり)
2001年
小泉内閣で内閣官房副長官。
2002年
北朝鮮拉致問題解決に積極的に取り組み、9月には小泉総理の北朝鮮訪問に同行。
2003年
9月21日、49歳の誕生日 自民党幹事長就任が明らかになる。40代での幹事長就任は過去に3人(田中角栄、小沢一郎の47歳、三木武夫49歳)
2006年
7月「美しい国へ」出版
9月20日、麻生、谷垣、安倍で争った自民党総裁選挙で当選
9月26日、内閣総理大臣就任(就任時52歳)
2007年
9月12日、辞任を発表。潰瘍性大腸炎という難病を患っていたのが原因だった。それを公表しなかったため、政権を投げ出したと見なされて、大いにひんしゅくを買った。
9月13日、小泉内閣メルマガの読者を引き継いで配信していた安倍内閣メルマガ46号(最終号)を配信。
2009年
1月28日、麻生太郎首相の特使としてイラクを訪問。
2012年
1月、首相退任時、潰瘍性大腸炎を患っていたことを公表。
9月26日、自民党総裁に選出された。
12月16日、第46回総選挙 過半数を獲得して政権奪還。
12月26日、2度目の総理大臣就任。 →歴代総理大臣
2016年8月22日
リオ五輪閉会式でマリオに扮しドラえもんの土管を通って日本からブラジルに現れるパフォーマンスを演じた。
自民党は現行「2期6年」の総裁任期を「3期9年」に延長する党則改訂の議論に入ると報道された
2018年9月
2期6年の任期満了
2021年9月
任期が3期9年に延長された場合の任期満了


内閣総理大臣の給料
毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 最終更新 2016/8/24