ど素人!選挙講座

安定多数と絶対安定多数の推移


【安定多数】
政権与党が各院において、すべての常任委員会で委員長を出し、なおかつすべての委員会で半数以上を占めることができる議席数。議決が可否同数となった場合、議長が採決に加わり議決できる。
2003年11月現在
衆議院の「安定多数」は 252
2005年9月現在
衆議院の「安定多数」は 252
2014年12月現在
衆議院の「安定多数」は 249
2017年10月の総選挙
衆議院の「安定多数」は 244
【絶対安定多数】
すべての委員会で過半数(同数ではなく半数より多い)を超え、採決に委員長が加わることなく議決できる議席数。
2003年11月現在
衆議院の「絶対安定多数」は 269
2005年9月現在
衆議院の「絶対安定多数」は 266
2017年10月現在
衆議院の「絶対安定多数」は 261
2017年10月の総選挙
安定多数と絶対安定多数の違い
委員会において、与野党で議決同数になるか、ならないか。
安定多数は、与党議長が議決に加わって可決。
絶対安定多数は、与党委員が過半数なので、与党議長が議決に加わるまでもなく可決できる。

過半数
2005年9月の総選挙時点、衆議院の定数は480、過半数は241
2014年12月の総選挙時点、衆議院の定数は475、過半数は238
2017年10月の総選挙時点、衆議院の定数は465、過半数は233

関連記事
2005年9月11日の総選挙2009年8月の総選挙2014年12月の総選挙ど素人!選挙講座

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 _2003_11.html>初出2003年11月 原稿依頼はこちらのアドレスへ→